ANYTHING FUN

自分と妻と息子の3人家族です。出掛けたり買って良かったモノとかいろいろ紹介したいと思います。

ブーツのソール汚れていませんか?白さを取り戻す方法紹介します!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  

皆さまこんにちは。

この前中古のスウェードブーツを買いました。程度は良かったんですがそこはさすがにused!!白いかったはずのソールも薄っすら黄ばんでいます。今日はあるアイテムを使ってアウトソールを真っ白に磨いていこうと思います&後半は全体的なクリーニング風景をご紹介します。


(中古のブーツを手に入れた過去記事はこちらです↓↓)

www.odekaketanoshi.com

 

現状はどうなっているのか?

まずは現状を把握していきましょう。
定価10万円くらいするVIBERGのブーツがusedながら19630円で買うことができました。ソールの減りも少なく、起毛が変にこすれたりしている所もない。ただ若干アウトソールの汚れが目立つかな…


f:id:star_less:20201012085339j:image

f:id:star_less:20201012085348j:image

 


正面のアップを見てみましょう。つま先は色あせも少なくいい状態。右の写真は付属の革紐です。これにもしっかりオイルを塗っていつでも使えるようにしたいと思います。


f:id:star_less:20201012085352j:image

f:id:star_less:20201012085506j:image

 


左画像のタンが多少色落ちしています。ここは紐がこすれる部分なので仕方ないかなと思います。あとでローションを付けて磨くことにします。真ん中画像のインソールは綺麗なもんですが、踵の当たる部分が擦れて色落ちしています、ちょっと見えずらいかも知れないですが3枚目画像の真ん中ら辺。


f:id:star_less:20201012085554j:image

f:id:star_less:20201012085601j:image

f:id:star_less:20201012085557j:image

 


さて気になっていたアウトソールはしっかり汚れちゃってますね。でも大丈夫!!汚れの落とし甲斐があるってもんですよ。後は、踵とつま先の所がすり減ってます。時間があればここの部分も補修剤とかで盛っていきたいですが、まずはクリーニングしよーっと。


f:id:star_less:20201012085702j:image

f:id:star_less:20201012085706j:image

 


メンテナンス前の全体画像を撮っておきます。後で違いが分かるようにするために。


f:id:star_less:20201012092620j:image

f:id:star_less:20201012092616j:image

f:id:star_less:20201012092624j:image

 

アウトソールのクリーニング

では早速クリーニングしていきます。近くで見ると結構汚れてるなぁ。。


f:id:star_less:20201012092744j:image

f:id:star_less:20201012092747j:image

f:id:star_less:20201012092751j:image

 


最初はクレンザーを使って大まかな汚れを落とすんですが、クレンザーは安く手に入るのでコスパ◎ですよ。『ジフ』台所とかによくある奴。200円位で買えます。

f:id:star_less:20201012092928j:image


これをウエスに付けて
f:id:star_less:20201012092916j:image


丸く円を描くようにゆっくりと磨く。最初は小さい円で段々大きく。
f:id:star_less:20201012092924j:image


溝がある所はウエスの下から爪を入れて溝に沿った落とし方をします。
f:id:star_less:20201012092913j:image


ざっくりですがソール全体の汚れ落としは一旦これで終了です。だいぶ白さが戻ってきたかと思います。
f:id:star_less:20201012092920j:image

 


ここでクリーニング後と前を比べてみましょう。汚れが落ちているのが良く分かります。でもまだまだ序の口。これからいろんなアイテムを使ってソールをもっと白くしていきます。

f:id:star_less:20201013025301j:image
 

 

 

『激落ちくん』はソールの汚れ落としにも使える!!

ホームセンターやドラッグストアでよく見かける激落ちくん水を含ませるだけで汚れが落ちるドイツ生まれの新素材(パッケージに書いてるまんまです💦)。台所のシンクなどの汚れを落とすのに使うアイテム。これがソールの汚れを落とすのに大変な効果を発揮するんです。
f:id:star_less:20201013024955j:image

 
 

1ブロック取って水を含ませ、汚れを落としたい所をこれで擦るんです。
f:id:star_less:20201013024930j:image

 


少し泡が出てきましたがこれがきっと効くんでしょう。柔らかいスポンジの様な素材なので溝にもしっかり届いてアプローチできます。
f:id:star_less:20201013024938j:image

 


片方終わり。出てきた泡を拭いたところですがこれ位汚れが落ちればいいんじゃないですかね。
f:id:star_less:20201013024934j:image

 


改めてクリーニング前のと比較してして見ましょう。綺麗✨きれい✨
f:id:star_less:20201013024927j:image

 


UPで見てもやはり綺麗☝✨
f:id:star_less:20201013025634j:image

 


両方のクリーニング完了!!ここまで出来れば自分は満足です!!
f:id:star_less:20201013024947j:image

 

ソール側面の汚れを落とす方法

側面は何気に目立つ部分なのでより綺麗に汚れを落としたい所です。まず定番の紙ヤスリを使ってみます。#400の粗目の奴を試してみますね(ヤスリは数字が大きくなるほど目が細かくなっていきます)。

f:id:star_less:20201013031724j:image

 


まず使いやすいようにハサミで小さく切ります。
f:id:star_less:20201013031736j:image

 


そしてこする。ヤスリは400、600、1000を用意していたんですが#400で丁度いい感じです。ただ気を付けなければいけないことがあって、強くこすれば白いところが出て来て綺麗に見えるんですがブーツへのダメージが気になります。ソールは柔らかい部分で一番消耗する所でもあるので丁寧に磨かないといけません。
f:id:star_less:20201013031739j:image

 


一旦ヤスリはこの辺で止めておきましょう。写真撮って確認しながら作業するとヤスリはあまり使わない方がいいのではないか?と考えさせられます。。
f:id:star_less:20201013031732j:image

 

 

100均のネイル落としで簡単にソールの汚れが落ちる

ダイソーで売ってるネイル落とし。いわゆる溶剤の部類に入るモノなんですがこれがブーツの汚れを落とすのに非常に使えます。Youtubeでも使っている人がいて自分はそれを参考にさせてもらったんですが、効果てき面!!女性が使うモノなのであまりシンナー系の匂いはせず、むしろいい香りがします。
f:id:star_less:20201013031729j:image

 


これをつま先の汚れが目立つ所に使ってみます。ウエスに液を付けて少しの力でこすってみます。
f:id:star_less:20201013031744j:image

 


おぉ👀綺麗になった✨。表面からカスがぽろぽろ出て来て汚れが落ちるのを実感。結局ヤスリと同等の効果というか狙いは同じなんですが、こっちの方が力を入れずに汚れを落とせるのでブーツに掛かるストレスも低減させられるんじゃないかと思います。

f:id:star_less:20201013075929j:image

なんで最初からソール全体に使わないの?と思われるかも知れませんが、やはりネイル落としは溶剤の類になるので汚れの激しい所、または面積の小さい部分に限定して使用するのがいいと思います。

 

はい、以上でアウトソールの汚れ落とし完了です。完全に真っ白というわけにはいかなかったですけど、かなり白さを取り戻すことができたのではないでしょうか?元々used品のリペアということなので、自分としては期待通りの白さを取り戻すことができたと思います。

 

 

ブーツ全体のクリーニング

さてアウトソールのクリーニングが終わりました。今度はブーツの中や全体を清掃していきたいと思います。

f:id:star_less:20201012092713j:image

 

 

自分の場合インソールはウェットティッシュで拭くだけです。たまに栄養剤をスプレーして乾拭きしたりもしますが基本拭くだけ。


f:id:star_less:20201013081739j:image

f:id:star_less:20201013081742j:image

 

 

全体をブラッシング

大き目のブラシを使って全体をブラッシングし、ブーツの表面に付いている汚れや埃を落とします。

f:id:star_less:20201013075228j:image

 

 

スウェードなので毛並みに注意しながら中に埋もれた塵や埃を掻き出すように。下からめくるように、起毛させることを意識して。ブラシの毛を逆毛立てるイメージですかね。
f:id:star_less:20201013075237j:image

 


タンの隙間も忘れずしっかり掻き出します。ここは汚れが溜まりやすい部分なのでしっかりブラシをかけます。
f:id:star_less:20201013075224j:image

 

 

こういう汚れが挟まり易い所も注意です。
f:id:star_less:20201013075232j:image

 

 

ウェルト(靴本体と靴底を繋いでいる部分)もブラシの角を使ってしっかり掻き出す。
f:id:star_less:20201013075213j:image

 

 

色あせ部分を補色

次にリキッドタイプの補色剤を使って部分的に色あせている所を補色していきます。


f:id:star_less:20201013083444j:image

f:id:star_less:20201013083439j:image

 

 

先端がスポンジになっていてポンポン押し付けながら色を付けていきます。
f:id:star_less:20201013075334j:image

 

 

つま先は色落ちし易いので入念に。
f:id:star_less:20201013075341j:image

 

 

スプレータイプの補色剤もあるんですが色が飛散するためマスキングする必要が出てくるので、こういうリキッドタイプの方がスポットで塗れて扱い易いです。
f:id:star_less:20201013075337j:image

 

 

はいこんな感じになりました。乾くと色が馴染んでくるので心配ないです。
f:id:star_less:20201013075345j:image

 

 

タン(ベロ)部分は汚れ落としのローションで

WOLY→M.モゥブレィに商品が置き換わってるみたいですね。ネットで調べても出てこないので何で?って思ってたら日本販売終了のようです。M.モゥブレィになっても内容量も値段ほとんど変わらないので心配ないと思います。

f:id:star_less:20201013080002j:image

 


これをクリーニングクロスに適量付けて
f:id:star_less:20201013080026j:image

 


タンを磨いていきます。
f:id:star_less:20201013075957j:image

 


紐で擦れる所なのでしっかり塗ります。伸びがいいので薄くクリームを付けるだけで大丈夫です。
f:id:star_less:20201013075905j:image

 


隙間も見逃さずに。自分はあまりマメな性格ではないので… こういうとこで人間性が分かりますよねw。せっかく自分に気付いたのでしっかりやろーっと。
f:id:star_less:20201013075847j:image

 


艶が出て来ていい感じです。
f:id:star_less:20201013075829j:image

 


擦れて色落ちしてる所をもうちょっと丁寧に磨いてみます。


f:id:star_less:20201013090201j:image

f:id:star_less:20201013090158j:image

 


この辺でいいでしょう。あーいいですね。徐々に仕上がってきました。
f:id:star_less:20201013075953j:image

 

 


再度全体をブラッシング

一通りメンテしてきたのでここで再び毛並みを整えていきます。全体に色を馴染ませるイメージでブラッシングしていきます。汚れを落とすときも全体を整えるときもそうなんですが面積の大きい固めのブラシを使うと作業がはかどります。
f:id:star_less:20201013080006j:image

 


毛の流れを統一して起毛させましょう。
f:id:star_less:20201013075933j:image

 


ブラシの弾力を使って毛を起こすように。
f:id:star_less:20201013075901j:image

 


跳ねさせましょうw シャリシャリして気持ちいいですよ。
f:id:star_less:20201013075857j:image

 

 

仕上げの栄養・防水スプレー

これを全体にまんべんなくスプレーします。栄養剤にもいろいろあってブーツの種類に合ったものを使用します。今回はスウェード用のを使います。
f:id:star_less:20201013080018j:image

 
 

写真は屋内ですが使うときは外で降るといいですよ。床につくと滑るので家の中で使用するのはおすすめしません。ブーツからしっかり距離を取って全体に降りかかるようにスプレーしましょう。
f:id:star_less:20201013080022j:image

 


全体的に降りかかって毛色が濃くなりました。
f:id:star_less:20201013075826j:image

 


いい感じ☝☝ 仕上げのスプレーをするとき自分はブーツの内側にもわざとスプレーがかかるようにしています。インナーにも栄養が必要なため。後で内側をウエスで乾拭きして余分な脂を拭き取るようにすればOKです。
f:id:star_less:20201013080010j:image

 


後ろもしっかり補色されています。
f:id:star_less:20201013075909j:image

 


付属する革紐もローションを使って汚れ落とし&栄養塗付。
f:id:star_less:20201013075913j:image

 


ローションを含ませた布に挟んで引っ張っていきます。ローションを付け過ぎず拭き残しがないように。


f:id:star_less:20201014022607j:image

f:id:star_less:20201014022603j:image

f:id:star_less:20201014022559j:image

 

 

仕上げのブラッシング

ブラッシングの前に紐を通していきましょう。
f:id:star_less:20201013075917j:image

 


そして仕上げはホワイトブラシで。仕上げ専用の綺麗なブラシを用意しておくといいです。ここでも毛並みを整えることを意識してブラッシングします。栄養剤や防水効果が全体に行き渡るようにしましょう。
f:id:star_less:20201013075940j:image

 



完成!!メンテ&クリーニング終了!!

我ながらいい感じに仕上がったと思います。ソールにも白さが甦ってる☝☝
f:id:star_less:20201013080030j:image
f:id:star_less:20201013075850j:image
f:id:star_less:20201013075854j:image
f:id:star_less:20201013080015j:image
f:id:star_less:20201013075925j:image

 

 

まとめ

今回はソールの汚れ落としを中心にやってみました。クレンザー、激落ちくん、ネイル落としを使いましたが、家庭にある普段使いのアイテムでいろいろ工夫できるのでとても面白いと思いました。ブーツのメンテナンスをしていると落ち着くんですよね(*´Д`)
いい趣味だと思います。